消防設備の施工

消防設備には消火設備、警報設備、避難設備と様々な種類がありますが、その中でも当社では水、泡、ガスで作る消火設備の設置・施工を行います。
消火で必要な水や薬剤の通り道である配管工事は、塩化ビニール製のパイプを使用する通常の配管工事と違い、熱に強い鋼菅、金属管を使用します。
通常の配管施工より作業の手間がかかりますが、火災時の安全性を左右する工事のため、1つ1つの作業を丁寧に進めていきます。

消防設備設置業

消防設備設置業務

消火設備の設置は消防法により義務付けられており、あらゆる店舗やオフィス、施設には消火設備があります。

当社では福岡をはじめ、北九州、佐賀、長崎などの北部九州で消防設備の設置・施工を行っております。

大型ショッピングモールなどの商業施設や病院、老人ホーム、マンションなど、人が多く集まる場所での施工が中心です。

業務紹介

消火設備

スプリンクラー

消防設備の1つであるスプリンクラーは、建物の天井に設置する消火用の自動散水装置です。

火災発生時に大量に散水し消火する働きがあり、一部の設備を除いて火災感知から散水までを自動的に行います。

消火栓は消火活動時、放水に必要な水を供給するための設備です。

給水管に設けられており、消火ホースを取り付けるための専用口がついています。

消防隊が来るまでの間に一般の方でも消火活動が行えるよう、ホースが一緒に設けられているものもあります。

消火設備の種類

消火設備は水だけではなく、泡やガスなど薬剤を撒く種類の消火設備があります。

水系消火設備

水をかけて燃えているものの熱を下げる、冷却効果を利用しして消火する消火設備です。

スプリンクラーは水系のものが多く、消防隊がよくホースで放水している場面も水系消火設備を利用しています。

水系消火設備

泡消火設備

泡を撒くことで炎と可燃物を遮断して炎が広がらないようにするだけでなく、泡による窒息作用と蒸発抑制で冷却作用を生み出し消火させる設備です。

水による冷却効果での効果が低い場合や、かえって火が広がってしまう恐れのある場合に使用されます。

水、泡消火薬剤が混合した液体に空気を織り交ぜて作り出された泡を噴射させます。

泡消火設備

ガス消火設備

消火用の特殊な窒素ガスなどを放出して大気中の酸素濃度を低下させたり、化学反応で燃焼活動を遮断させたりして、火を鎮静化させる消化設備です。

歴史的な場所や高価な機械がある場所など、水をかけると困る場所や関電、爆発の恐れがある場所で使用されます。

ガス消火設備

設置・施工

スプリンクラー設置業

貯水槽からスプリンクラーや消火栓まで水を通すための配管施工を行います。

取り付ける数は建物の広さや間取りによって変わるため、大規模な建物であるほど設置する数も多くなります。

配管は天井や土の中などに設置し、スプリンクラーヘッドを天井や屋根下に設置します。